お酒の飲み過ぎは非常に危険です

何故お酒を飲み過ぎたら危険なのかというとお酒を飲み過ぎたら千鳥足になってしまうのです。

千鳥足になると言うまでもなくフラフラ状態になってしまうのです。

フラフラ状態になると自分の知らないうちに怪我をしてしまう可能性があるのです。

それが擦り傷や切り傷ならば構わないのですが、頭を打って脳震盪や脳挫傷になる可能性も大いにあり得るのです。

打ち所が悪ければ、それで病院搬送時に死亡してしまうこともあるのです。

奇跡的に助かったとしても医者に飲み過ぎで千鳥足になって頭を打ったからという経緯(いきさつ)を話すのは結構恥ずかしいものなのです。

私のおばあちゃんは病院に搬送するまではいかないのですが、お酒に弱いのです。

お酒に弱いのにもかかわらずにお酒を飲みたがるのです。

お酒を飲んだ結果お酒を飲み過ぎてしまい普段打つことが無いような場所で顔などを打ってしまうのです。

私のおばあちゃんは普段お酒を飲み過ぎてしまうと普段打つような場所で顔などを打ってしまい自分の歯などを折ってしまうのです。

ですが一度だけお酒を飲み過ぎた時に目を強く打ってしまい私のおばあちゃんの目から大量の血が出てきたのです。

慌てて私のおばあちゃんは自分の目を消毒して眼帯をしたのです。

するとお酒を飲み過ぎた日から2~3日もすれば目からの血が治まっていたのです。

私はおばあちゃんに大事が至らなくて良かったと思っています。

このようにお酒の飲み過ぎには充分に注意してください。

 

[閲覧]

上手な飲み方、付き合い方
育毛剤の利用方法